トキ鉄のもぐら駅・筒石駅へ行ってきました

 今回は、えちごトキめき鉄道・日本海ひすいラインの筒石駅の訪問となります。この駅は、地下深くのトンネルの中に駅のホームがある、いわゆる「もぐら駅」です。

 もぐら駅としては土合駅がよく知られているところですが、ここ筒石駅もおもしろい造りになっているのです。

 

土合駅以外にもあるんだね、もぐら駅!

また、たくさん階段のぼるやつなんだよね...

 

ちなみに土合駅については、こちらも参照ください。

www.mocomoco-tetsutabi.com

 

駅のホームはもちろん地下

 f:id:yukisigekuni:20190519131719j:plain

 というわけで、筒石駅にやってきました。場所としては、おおざっぱに言えば直江津と糸魚川の間に位置しています。北陸新幹線の開業にともなって、JR北陸本線から第三セクターのえちごトキめき鉄道に移管されています。

 

 f:id:yukisigekuni:20190519131721j:plain

 直江津方面の列車のホームに降り立ちましたが、いきなり地下のトンネルの中です。少し不気味な雰囲気もありますが、この感じがもぐら駅の楽しさでもあるといったところでしょうか。

地下迷宮みたいー!暗号解かないと出られないとか?

普通に出口の扉から出られるんだよ。

 

 f:id:yukisigekuni:20190519133804j:plain

 反対側の糸魚川方面の列車のホームの方向を見てみます。千鳥配置になっています。このトンネルは相当に長くて出口は全く見えません。

 

階段、また階段

 f:id:yukisigekuni:20190519131815j:plain

 駅のホームと通路の間は無機質な扉で区切られています。列車が通過するときには強風が吹くらしいです。といっても、かつての北陸本線のときに「はくたか」が走っていたのに比べれば通過列車は減ったのではないでしょうか。

 

 f:id:yukisigekuni:20190519131812j:plain

 ちなみに、ばっちりセコムされています。

どうやら警備体制は万全みたい。

 

 f:id:yukisigekuni:20190519131809j:plain

 待合室までは、階段をひらすらに上っていきます。土合駅ほどではないですが、それでも結構あります。

やっぱり階段でしたか。エレベーターないのですか。

 

 f:id:yukisigekuni:20190519131806j:plain

 いったん階段を上りきったところで、左右に分岐します。右が出口方面、左が糸魚川方面のホームですね。

矢印がいっぱいでダンジョンみたい!

モンスターとエンカウントはないよね...!

 

 f:id:yukisigekuni:20190519131859j:plain

 出口方面はしばらく平坦な道を歩いた後に、もう一度階段があります。これを上ると待合室へとつながっています。直江津方面のホームからは合計で290段あります。

 

 f:id:yukisigekuni:20190519131857j:plain

 ようやく階段を上って待合室の前までやってきました。風対策と思われる仕切りに、雪月花のポスターが3連で貼っていて推しが強いです。

糸魚川発の雪月花は筒石にも停車するみたいだよ!

 

待合室へ到着!ようやく外へ!

 f:id:yukisigekuni:20190519142015j:plain

 やっとのことで待合室に到着です。意外と普通な感じです。筒石駅は無人駅となっていますが、たまに列車に乗る人や見物に来る人がやって来ます。

 

 f:id:yukisigekuni:20190519131931j:plain

 待合室には、燃えるゴミ専用のゴミ箱が置かれています。

空き缶とか捨てちゃダメですか?

ダメ!燃えるゴミ専用のゴミ箱!

 

 f:id:yukisigekuni:20190519154648p:plain

 駅舎の外観はプレハブ小屋みたいな感じです。実は工事現場の詰所ですと冗談を言われても、それほど違和感なく受け入れてしまいそうです。

 

 f:id:yukisigekuni:20190519131938j:plain

 トイレも併設されています。扉に何やら書かれていますね。

トイレットペーパー備えなし...

限りある資源を大事に使おうね。

  

 f:id:yukisigekuni:20190519131936j:plain

 駅へ向かう道の入り口までやってきました。わざわざ「地下駅」との案内がされています。

「地下駅」の前の謎の余白が気になる。

 

   f:id:yukisigekuni:20190519131933j:plain

  「地下駅」の前には「JR」と書かれていたのですが、上から消されています。まあその通りなのですが。

 

再びホームに戻って、筒石駅をあとにします。

 f:id:yukisigekuni:20190519131929j:plain

  再び駅に戻って、今度は糸魚川方面の列車のホームへと向かいます。途中で親子連れとすれ違います。確かにちょっとした探検感覚で、子ども人気は高そうです。

 

 f:id:yukisigekuni:20190519132014j:plain

  ホームの前は、直江津方面と同じように、扉で遮断されています。

ここもセコムされてたよ。

 

 f:id:yukisigekuni:20190519132009j:plain

 駅名標の前には柵があって、途中で行き止まりになっています。

仕方ないから、柵の手前から駅名標を拝みます。

そもそも拝む必要あるの?

 

  f:id:yukisigekuni:20190519132041j:plain

 1時間弱かけて駅をひと通り見て回ったので、筒石駅をあとにするとします。しばらく待っていると、列車が轟音を立てて迫ってきました。トンネルの中で見ると妙に迫力がありますね。

ほかのもぐら駅には美佐島駅もあるんだって。

へ―、まだあるんだね。また行かなきゃね!

 

筒石駅の来駅記念入場券

 f:id:yukisigekuni:20190519145104j:plain

 筒石駅にやって来たからには、せっかくなので「来駅記念入場券」も購入することにしました。筒石駅にも堂々とお知らせが貼っていますが、現在は筒石駅では売っていません。無人駅になってしまったので仕方ないですね。

 

 f:id:yukisigekuni:20190519145404j:plain

 筒石駅の来駅記念入場券は、直江津・能生・糸魚川の各駅の窓口で購入できます。210円という安価で購入できて旅の記念にもなります。