女鹿駅下車と駅ノートイラスト

 今回は、羽越本線の女鹿駅で途中下車します。この駅は普通列車でさえも通過するものがあり、上り列車が午前に2本、下り列車が午後に4本しか停車しない秘境の駅です。

 

今回はどんな駅なのかなぁ?

本数が少ないから途中下車するのが大変だよ

 

下り列車で女鹿駅へ

f:id:yukisigekuni:20190806220738j:plain

 酒田駅から秋田行きの列車で女鹿駅へと向かいます。この下り方面の列車だと1日4本あるので、上り列車に比べるとまだ途中下車はしやすいです。

 

f:id:yukisigekuni:20190806220757j:plain

 女鹿駅へと到着です。ホームの幅はなかなか狭いです。

やっぱり誰も降りなかったね

 

f:id:yukisigekuni:20190806220811j:plain

 秋田方のホームは板張りになっています。大丈夫だとわかっているのに足取りが慎重になってしまいます。

 

f:id:yukisigekuni:20190806220804j:plain

 線路は2本通っていますが、ホームは1面しかありません。

ほんとにホームがあるだけだね

 

待合室へと入ってみます

f:id:yukisigekuni:20190806220817j:plain

 駅の建物はポツンと小屋みたいなのがひとつだけです。昔は信号所時代のもっと古いのが建っていたらしいのですが、わりと最近に新しくものが建てられたようです。

 

f:id:yukisigekuni:20190806220825j:plain

 あっつ!ここはサウナか!これが最初の感想でした。

 直射日光にガンガン照らされて密室状態の待合室は、数分も中に入っていられないくらい高温でした。外の方がまだ涼しいです。

ほえええ・・・暑すぎる

クーラーなんてあるわけないよね

 

f:id:yukisigekuni:20190806220821j:plain

 室内はほんの数人しか入れないくらいの広さです。この待合室が混雑することは、まずないでしょうけれども。

 

f:id:yukisigekuni:20190806220836j:plain

 ホームと反対側に出てみました。駅前は道がつながっているだけで何もないです。さすがの秘境駅です。

 

駅ノートに描いてきました

f:id:yukisigekuni:20190806220831j:plain

 女鹿駅にもありました駅ノート。帰りの列車まで時間もありますし、この前の末続駅に続いてイラストを残していきたいと思います。この前の1回ぽっきりで終わらせるわけにもいかないですし。

 

f:id:yukisigekuni:20190806220840j:plain

 オーソドックスに駅前の風景ということで(何もないですが)。描いている最中、暑さや虫に悩まされました。

これで、つぅちゃんも駅ノートレビューだね!

うゅ・・・はずい・・・

そんなに来る人もいないから大丈夫だって

 

女鹿駅は夕陽がきれいでした

f:id:yukisigekuni:20190806220851j:plain

 女鹿駅のあたりをちょっと散策です。駅前の道を歩いていくと、国道7号線へと合流します。来た道を振り返ってみると林に続く道にしか見えないです。

この道が駅への入り口なんだって

なんだか看板も小さいし駅があると思えないよね

 

f:id:yukisigekuni:20190806220910j:plain

 国道7号線を北へと進み、最初の交差点を左に曲がると、海沿いに出るようなので、そっちへ行ってみます。

 

f:id:yukisigekuni:20190806220922j:plain

 道なりにしばらく歩くと海岸へと出てきました。

 海に来たねー!遠くに風車も見えるよ!

 

f:id:yukisigekuni:20190806220930j:plain

  時刻はちょうど日の入り間近です。秘境駅訪問で夕陽を見るなんて、ちょっと感動です。

すごい、きれい・・・

 

f:id:yukisigekuni:20190806220935j:plain

  地平線の向こうに太陽が沈むのを眺めます。朝の始発に乗ってからというもの、ここまで遠かったなあ。でも来てよかった。

 

終電で帰ります

f:id:yukisigekuni:20190806220940j:plain

 もうすっかり暗くなってしまいました。夕陽をぼんやり見るのはいいのですが、次の列車が終電なので逃したら大変なことに。

ここで野宿とか勘弁してくださいね

 

f:id:yukisigekuni:20190806220949j:plain

 秋田行きの終電に乗車です。いや本当に無事に乗れてよかったよかった。

 なかなか途中下車することが難しい駅ではありますが、今回は降りた甲斐がありました。