休日はホリデー快速おくたま号・あきがわ号で!停車駅や時刻表は

f:id:yukisigekuni:20191020005343j:plain

 今回は、土休日に運転されており,奥多摩駅および武蔵五日市駅に乗り換えなしでアクセスできる「ホリデー快速おくたま号・あきがわ号」を紹介いたします。

 どちらの駅も東京都にありながら周辺は自然いっぱいで、週末のレジャーの行先には打ってつけです。

 

ホリデー快速おくたま号・あきがわ号の運行状況

 ホリデー快速おくたま号・あきがわ号の運転日は、基本的に土曜日・日曜日・祝日です。ホリデー快速というだけあって、平日には運転がされていません。

 車両は通常の中央線快速列車と同様です。乗車券だけで乗れて、特急券などの料金は不要です。指定席もありません。

 

停車駅と時刻表

  ホリデー快速おくたま号・あきがわ号の停車駅と時刻表は、以下の通りです。(上り列車は、新宿から先は東京まで運転しますが省略しています。)

 下り列車は午前に3本、上り列車は午後に3本運行されています。休みの日の行楽に利用されることを前提にしたダイヤが組まれています。

 途中の拝島駅で、おくたま号とあきがわの分割または併結を行います。

 

下り列車

f:id:yukisigekuni:20191020005831p:plain

上り列車

f:id:yukisigekuni:20191020005835p:plain

 

乗車する車両に注意

 おくたま号とあきがわ号は、新宿(東京)~拝島まで連結された状態で運行しますが、おくたま号(奥多摩行き)は1号車~6号車あきがわ号(武蔵五日市行き)は7号車~10号車となっています。

 下り列車は注意が必要で、途中の拝島駅でおくたま号とあきがわ号が切り離されます。間違えた号車に乗っていると、分割されたあとにあらぬ方向に行ってしまいます。

f:id:yukisigekuni:20191020005939j:plain

 

乗りかえ不要だから便利

 ホリデー快速おくたま号・あきがわ号は、途中の乗り換えなしに奥多摩駅や武蔵五日市駅に行けるのが便利なところです。通常の列車の場合は、青梅駅や拝島駅などで乗り換えが必要となり、乗り継ぎが悪いと結構待つこともありますが、こうした時間が省略されます。

 また、おくたま号は青梅から奥多摩まで途中の停車駅が少ないので、そのぶん速いです。

 

東京でも自然がたくさん

f:id:yukisigekuni:20191020013511j:plain

 奥多摩や武蔵五日市は、東京都とはいえども自然が豊かで、都会の生活に疲れたときはリラックスできる場所です。

 ホリデー快速おくたま号・あきがわ号はザックを背負ったハイカーでにぎわっている光景をよく見かけますが、都心からの行ける登山やハイキングなどにぴったりの行先だと思います。

 

f:id:yukisigekuni:20191020015853p:plain

 奥多摩むかしみちや秋川渓谷など、本格的な登山ほど気合いをいれなくても散策できるコースもあるので、何気なしに週末ふらっとやって来るのもいいと思います。癒されること間違いなしです。

 

f:id:yukisigekuni:20191020014412j:plain

 そして、登山やハイキングなど楽しんだあとに体を休めることができる温泉があるのもポイントです。奥多摩駅だと駅から徒歩15分くらいで「もえぎの湯」、武蔵五日市駅だと秋川渓谷のすぐそばに「瀬音の湯」があります。帰る前の締めに是非立ち寄りたいところです。