JR東海&16私鉄乗り鉄たびきっぷで気ままに行く

JR東海&16私鉄乗り鉄たびきっぷは、乗り放題タイプのお得なきっぷ

 今回は静岡、愛知、岐阜、三重の東海エリアのJRと私鉄の多くが乗り放題となるきっぷを使いたいと思います。

 それが、こちらの「JR東海&16私鉄乗り鉄 たびきっぷ」です。このきっぷは、JR東海の路線はもちろん、16路線という多くの私鉄も、2日間乗り放題になるという太っ腹なきっぷです。そのうえ、新幹線特急券を追加すれば、熱海~米原間の新幹線(ひかり・こだま)にも乗車できます。

   f:id:yukisigekuni:20180722204744j:plain

 

 こちらのきっぷは、通年で販売されていて、料金は8480円です。JR東海と16私鉄という広い範囲がカバーされており、2日間の乗車が自由になる料金と考えれば、うまく使えばお得な旅ができるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

乗車できる路線はこちら

・JR東海

 東海道線(熱海~米原、大垣~美濃赤坂)、中央線(塩尻~名古屋)、

 関西本線(名古屋~亀山)、紀勢線(亀山~新宮)、高山線(岐阜~猪谷)、

 御殿場線、身延線、飯田線(豊橋~辰野)、武豊線、

 太多線、参宮線、名松線

 

・16私鉄

 伊豆箱根鉄道(三島~修善寺)、岳南鉄道、静岡鉄道、

 天竜浜名湖鉄道、遠州鉄道、豊橋鉄道、愛知環状鉄道、

 名古屋臨海高速鉄道(あおなみ線)、東海交通事業(城北線)、

 明智鉄道、長良川鉄道、樽見鉄道、養老鉄道、

 三岐鉄道北勢線、伊勢鉄道、近江鉄道

 

・東海道新幹線

 別途、新幹線特急券を購入することで、熱海~米原間のひかり・こだまを4回に限り、乗車することができます。

 

今回の気まま旅のプラン

 「JR東海&16私鉄乗り鉄 たびきっぷ」の使い方としては、JRの路線をメインの移動手段としながら、途中駅で各私鉄に乗り換えて乗車していくという方法が、もっとも想定されやすいのではないかと思います。

 特に私鉄を多く組みいれたプランにすると、きっぷの料金の元が取りやすくなると思います。

  

 筆者の2日間の旅のプランは、「JR東海&16私鉄乗り鉄 たびきっぷ」で熱海駅を出発し、JR線で移動しながら、これまでに乗る機会がなかった武豊線と太多線も合わせて乗車し、私鉄は天竜浜名湖鉄道、あおなみ線、愛知環状鉄道、樽見鉄道、養老鉄道の5つに乗車しました。

 この旅の記録については、以下のそれぞれの記事でお送りしています。

 

norihoudai.hatenablog.jp

norihoudai.hatenablog.jp

norihoudai.hatenablog.jp

norihoudai.hatenablog.jp

norihoudai.hatenablog.jp