ほくほく線ゆめぞら号に乗りました -豪雪地帯を行く②

今回は、北越急行ほくほく線の「ゆめぞら号」に乗車します。 ほくほく線はトンネルが長くて車窓の景色が見えないところが多いのですが、「ゆめぞら号」はそれを逆手に取ってトンネル通過中に車内でシアターを上映するというおもしろい列車です。 そんな手が…

雪降りしきる松之山温泉へ

今回は、ほくほく線に乗ってやって来たまつだい駅から、松之山温泉へと向かいます。 寒いときは温泉でからだをあたためたくなります。また、松之山温泉はたいへん雪深いところらしいので、この季節に雪を見に行ってみようと思い立ったのでした。 今回は日帰…

冬のほくほく線に乗車 -豪雪地帯を行く①

今回は、豪雪地帯を走っている北越急行ほくほく線とJR飯山線に乗車します。 冬だからこそ季節感のある雪景色を見に行きたいと思い、今回乗車する路線を選びました。 冬といえば・・・ そうだ雪を見に行こう! 数年前まで特急はくたかが走った「ほくほく線」 …

きららうえつ??

きらきらうえつ、とても良い列車ですよね。でも、うっかり名前を間違えられてしまうこともあるみたいです。 (※今回は鉄道はほとんど関係ありません。) きらきらうえつ、引退しちゃうらしいよ その前に乗りに行かなきゃね!きららうえつ! ちぃちゃん、きら…

【青春18きっぷ利用法】静岡県の東海道線をクロスシートで!

東海道線を18きっぷで移動するときの悩ましい問題といえば、静岡県をどのように越えるかという点が挙げられます。 18きっぷ利用者にとって静岡県は、地獄だとか、鬼門だとか、散々な言われようです。(決して静岡県自体に対して悪意があるわけではないで…

ことでん乗車記(琴平線)

今回は、以前お送りした金刀比羅宮のあとで高松琴平電気鉄道(ことでん)に乗った話です。琴平線に乗車して、琴平から高松築港まで途中下車をはさみながら進みます。 ちなみに今回の乗車は年末も押し迫って大晦日でした。 金刀比羅宮の参拝に関しては、以下…

きらきらうえつ引退へ...その前に乗っておきたい!

2019年9月末での引退が既に発表されている、羽越本線の快速列車「きらきらうえつ」。 今さらながら、引退は惜しいという気持ちにさせられてしまいます。青春18きっぷでも指定席券があれば乗車できる、この上ないお得な列車でもあります。 本記事では…

直通運転に期待!丸ノ内線方南町駅の改良工事の状況

東京メトロ丸ノ内線支線の方南町駅が変わろうとしてします。2019年度春には直通運転に対応するための改良工事が終わる予定です。 そもそも方南町ってどこ?と思われるかもしれません。都心を走るイメージが強い丸の内線ですが、支線もあるのです。中野坂…

今年もまた越後湯沢へ

2019年1月、年明けも早々に友人らと連れ立って越後湯沢へ行ってきましたので、今回はそのときのことをお送りします。 そういえば、去年もまったく同じような時期に、同じところへ行っていましたね。どうやら毎年の恒例行事になりそうな予感です。 www.m…

水島臨海鉄道に元地元民が乗ってみました。

今回は、岡山県倉敷市を走る水島臨海鉄道に乗車しました。水島臨海鉄道は、倉敷市の中心部と水島地域を結ぶ鉄道です。 倉敷といえば私の地元でございます。(もう東京に出てきて10年超になりますが。)特に水島地域の近くには、幼いころに10年くらい住ん…

金刀比羅宮(こんぴらさん)に参拝してきました!

今回は、香川県の金刀比羅宮(こんぴらさん)へ行ってきました。 こんぴらさんに参拝するには、長い長い階段を上っていかなければなりません。その数は、なんと御本宮まで785段もあるとのことです。 しかも、さらに奥社まで行く場合には583段がプラスされ、…

瀬戸大橋を渡って四国へ -2018年末の乗り納め(3)

前回は新快速で京阪神を抜けて、地元である岡山にたどり着いて無事に帰省を果たしました。www.mocomoco-tetsutabi.com とはいえ、せっかく青春18きっぷを利用しているので、実家に帰る前に寄り道したいと思います。家にはまっすぐ帰らない、目的地まで遠回…

新快速と岡山帰郷 -2018年末の乗り納め(2)

前回は青春18きっぷを利用して、東京駅を出発して大垣駅までやって来ました。多少の課金をしてクロスシートで移動しました。www.mocomoco-tetsutabi.com 今回は、引き続いて大垣駅から出発して、東海道本線及び山陽本線を下り方面へと進んでいき、筆者の地…

クロスシートで静岡を横断する -2018年末の乗り納め(1)

今回は、例年のようにやっております年末の帰省を兼ねた18きっぷの旅を振り返ってみたいと思います。 このたびの18きっぷの旅では、東京を出発して、香川県の金刀比羅宮を目指したいと思います。 今回は18きっぷの利用の際に苦労する静岡のロングシートの列…

寝台特急「サンライズ出雲」 シングル個室に乗車しました!

今回は、寝台特急サンライズ出雲のB寝台個室シングルに乗車する機会がありましたので、そのときのことをお送りしたいと思います。 かつては数々の寝台特急がありましたが、次々に廃止され、現在となってはサンライズ瀬戸・出雲は定期運行される唯一の寝台特…

ブログをリニューアルしました。

こんにちは。このたび弊ブログは、ブログタイトルを「もこもこ鉄旅部。」に改めまして、再スタートを切りました。 旧「ローカル列車 乗り放題」を御ひいきにしていただきました皆様も、今回が初めましての皆様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。 新タイ…

2018年のまとめと来年に向けたお知らせ

いよいよ今年も終わりまであと数日を残すのみとなりました。今回をもって、今年はこのブログの更新も最後となりそうです。 今年一年はずいぶんといろいろ行ったように思いますが、主なものをダイジェストでざっと振り返ってみたいと思います。 1月 新年の初…

地元のことは意外と知らないもの

今回は地元のあたりのことについて触れてみたいと思います。 プロフィールのとおり、私は岡山県倉敷市の出身です。生活は基本的には県南部の倉敷市と岡山市で完結していましたが、幼い頃に遠出して色々なところに家族で出かけた記憶があります。 県内では、…

終着駅を旅する ‐JR東海編

今回は、起点または終点が他の路線とつながっていない盲腸線の終着駅について、JR東海の管轄エリアのものを集めてみました。 なお、以前ご紹介したJR東日本編は、下記をご覧ください。norihoudai.hatenablog.jp norihoudai.hatenablog.jp 伊勢奥津駅(名松線…

房総横断、夏の記憶(小湊鉄道・いすみ鉄道)

今回は、千葉県の小湊鉄道といすみ鉄道を乗車したときのことをふり返ります。両鉄道を乗り継いで、房総半島を横断します。夏真っ盛りの非常に暑い日だったという記憶がよみがえってきます。 内房線の五井駅で乗り換えて、小湊鉄道に乗車をします。小湊鉄道の…

北関東盲腸線紀行(茨城編)

ひたちなか海浜鉄道・阿字ヶ浦駅 今回は茨城県へと移ります。勝田駅から出ているひたちなか海浜鉄道を目指します。素直に常磐線で行くのが近いのですが、大回りをして鹿島神宮から鹿島臨海鉄道・大洗鹿島線に乗車をします。 赤い車体に白いラインが特徴な600…

北関東盲腸線紀行(群馬・栃木編)

今年も早いもので、年の瀬が押し迫ってまいりました。月日が過ぎるのはあっという間です。 例年のように過去に乗車した際の写真を整理していたら、記事にしていませんでしたが、そういえばここも行ったなあというところが色々と出てまいりました。 今回は、…

袋田の滝のライトアップへ -水郡線に乗って(3)

今回は水郡線に乗車して、袋田の滝へと向かいたいと思います。 前回に乗車した列車の終点である常陸大子駅で乗り換え、水戸行きの列車へと乗車します。袋田の滝の最寄駅である袋田駅は、常陸大子駅のひとつ隣の駅です。 袋田駅に到着 袋田駅に到着しました。…

矢祭山にやって来ました -水郡線に乗って(2)

水郡線の矢祭山駅で下車しました。 郡山駅から水郡線に乗車して、ローカル線らしいのんびりとした車窓を眺めながら列車に揺られて、矢祭山駅で途中下車しました。次の列車が来るまでの間、この駅の周辺をぶらぶらしたいと思います。 矢祭山駅はその名のとお…

郡山駅の3番線から -水郡線に乗って(1)

郡山駅から水郡線に乗車 今回は、水戸駅と郡山駅を結んでいる水郡線に乗車したいと思います。郡山駅から出発して水戸方面に向かって南下していきたいと思います。エスパルに隣接した改札口から入場です。 水郡線ホームへの親切すぎる案内 郡山駅は新幹線、東…

磐越東線に乗って夏井川渓谷へ

今回は磐越東線に乗車します。紅葉の季節ということもあり、沿線の見どころである夏井川渓谷へと行ってみたいと思います。 磐越東線は自然豊かな路線であり、車窓からも景色を楽しんでほしいとのことで、期間限定で速度を落としての運転が実施されることもあ…

芦ノ牧温泉駅を訪問。ねこ駅長と「ノラとと」 ‐野岩鉄道・会津鉄道の秋旅(5)

芦ノ牧温泉駅で下車しました。 会津鉄道に乗車して、途中の芦ノ牧温泉駅で下車しました。この駅から少し離れたところに、開湯は千数百年前までさかのぼるといわれる芦ノ牧温泉があり、阿賀川の渓谷を見下ろすことができる自然豊かな温泉街となっています。 …

塔のへつりで紅葉を ‐野岩鉄道・会津鉄道の秋旅(4)

塔のへつりにやって来ました 会津鉄道の塔のへつり駅で下車しました。この駅からすぐ近くに、その駅名のとおり観光名所である「塔のへつり」があります。「へつり」というのは、川に迫った断崖のことを指す、この地方の方言のようです。 塔のヘつりは、紅葉…

会津高原尾瀬口でマウントエクスプレスへ乗り継ぐ ‐野岩鉄道・会津鉄道の秋旅(3)

野岩鉄道と会津鉄道の境界の会津高原尾瀬口へ 前回は中三依温泉駅に立ち寄り、同駅から引き続いて野岩鉄道に乗車しました。今回はまず、野岩鉄道の終端の駅である会津高原尾瀬口を目指します。無人駅から乗車したため、車内で車掌さんから乗車券を購入します…

中三依温泉駅をぶら歩き ‐野岩鉄道・会津鉄道の秋旅(2)

野岩鉄道・中三依温泉駅で途中下車 今回は野岩鉄道の中三依温泉駅で途中下車して、紅葉を求めてぶらぶら歩きまわります。ここに来るまで、日光やら龍王峡やらメジャーな紅葉スポットはいくつかありました。しかし、もう少しマイナーで静かなところへ行ってみ…