水島臨海鉄道に元地元民が乗ってみました。

 今回は、岡山県倉敷市を走る水島臨海鉄道に乗車しました。水島臨海鉄道は、倉敷市の中心部と水島地域を結ぶ鉄道です。

 倉敷といえば私の地元でございます。(もう東京に出てきて10年超になりますが。)特に水島地域の近くには、幼いころに10年くらい住んでいたことがありますので、よく知っている場所でもあります。

 今回は帰省の折、新年早々に乗車してきましたので、そのときの様子をお送りします。

実は3回くらいしか乗ったことがないんじゃ。

え?じゃあ全然詳しくないんじゃないの...

 

水島臨海鉄道の愛称

 水島臨海鉄道は、地元民には「ピーポー」という愛称で呼ばれています。どうやら、かつてこの路線を走っていた蒸気機関車の汽笛の音にちなんで、そのように呼ばれるようになったそうです。

 正式名称よりもずっと短くて呼びやすいので、愛称のほうで呼ぶことの方が多いように思います。(ちなみに幼稚園のころ最初に聞いたときは何のことか分からず、しばらく水島の救急車のことだと思っていました。)

 

倉敷市駅から水島方面へ

     f:id:yukisigekuni:20190114211719j:plain

  では、実際に水島臨海鉄道に乗りに行きます。出発の地点はJR倉敷駅です。倉敷駅は地方都市にしてはまあまあ大きな駅で、南口からは美観地区方面へ、北口からは三井アウトレットパークへ行くことができます。

 

     f:id:yukisigekuni:20190114211701j:plain

 水島臨海鉄道の倉敷市駅は、JR倉敷駅から少しだけ離れています。JR倉敷駅の南口を出て西ビルの北側の道を進み、駐輪場が併設されている建物が水島臨海鉄道の駅舎になっています。「水島臨海鉄道のりば」と若干年季が入った看板が掲げられています。

 

     f:id:yukisigekuni:20190114211645j:plain

 駅舎に入ったところで、カエルさんがお出迎えです。ここの駅長さんでしょうか?

わしに対抗する気じゃな!

そんなわけないでしょ。はた迷惑だからやめてよ。

 

     f:id:yukisigekuni:20190114211904j:plain

 倉敷市駅のホームは1面1線の構造になっています。改札は水島方面からやってくる列車の到着が近くなってから行われます。

 

いざ乗車します!

     f:id:yukisigekuni:20190114212015p:plain

 水島方面からの列車がやってきました。1両編成の気動車(MRT300形)で、いかにもローカル線らしい雰囲気です。折り返し水島行きの列車になります。(時刻表の上では三菱自工前行きでしたが、さすがに正月早々なので三菱自工前まで行かないみたいです。)

 

     f:id:yukisigekuni:20190114211224j:plain

 車内はクロスシートとロングシートが半々で、車両の中心で点対称になっている千鳥配置となっています。どの座席も埋まるくらいの乗車率で、それなりに賑わっていました。

 

     f:id:yukisigekuni:20190114211247j:plain

 倉敷市駅を出ると、次は球場前駅に止まります。四十瀬(しじゅうせ)球場という野球場です。

カッキーン!ホームラン! 

 

     f:id:yukisigekuni:20190114225532j:plain

 しばらくは列車は倉敷地域の住宅地を走っていき、国道2号線のバイパスを越えて、水島地域に近づいてまいります。

 

     f:id:yukisigekuni:20190114211236j:plain

  浦田駅を過ぎて、次の弥生駅から水島地域の中心へと入っていきます。地図を見てみると、水島の街は道路が碁盤の目のように整備されているのが特徴的です。 

車窓の景色は住宅地が多いみたいだね

     

     f:id:yukisigekuni:20190120022421j:plain

 栄駅の前では、風車のようなモニュメントが建っているのが特徴的です。この栄駅や隣の常盤駅の近くは、子どものときに自転車で何度か来た気がします。水島図書館に行ったり、プラモデルを買いに来たり、確かそんなことだった気がします。

 

水島駅に到着しました。

     f:id:yukisigekuni:20190114211308j:plain

 終点の水島駅に到着しました。水島という名は、もしかしたら「水島コンビナート」といえば聞き覚えがある方もいらっしゃるかもしれません。

 この駅の南側の臨海地域に、三菱自動車やJFEスチールなどの数多くの工場が建ち並んでおり、そのあたりが水島コンビナートと言われます。

 

     f:id:yukisigekuni:20190114211320j:plain

 「臨海鉄道」という名前が付いているように、水島臨海鉄道はもともとは水島の工場地帯で製造される製品の貨物輸送を行っていました。それが後に旅客輸送も実施するようになったとのことです。

 

三菱自工前駅まで足を伸ばしてみます。

     f:id:yukisigekuni:20190114212520j:plain

 先ほどの列車が水島駅止まりでしたので、もうひと駅先にある旅客輸送の終点である三菱自工前駅まで行ってみます。三菱自工前駅は主としてそこで勤務する人の輸送が目的なので、朝夕の時間帯を中心としたダイヤが組まれています。

 

     f:id:yukisigekuni:20190114212523j:plain

 水島駅を南に進んで大通りの交差点を渡って、見るからに怪しげな蔦が絡まった廃墟を通り過ぎます。

いったい何なのあれ?

だいぶ昔からある気がするのう。

 

     f:id:yukisigekuni:20190114212247j:plain

 鉄道の高架の付近に水島ポートパークという公園がありました。こんなところがあったとはつゆ知らず初めて来ました。歩いてみないとわからないものですね。

 

     f:id:yukisigekuni:20190114212213j:plain

 しばらく歩くと水島港が見えてきました。新年早々に来たものですので、閑散として人の気配が感じられません。

     f:id:yukisigekuni:20190114212455j:plain

 三菱自動車の門の前までやってきました。三菱自工前駅まではもう少しです。そういえば、三菱自動車には小学生のときに社会科見学で来たような記憶があります。

 

三菱自工前駅に到着!

     f:id:yukisigekuni:20190114212423j:plain

 三菱自工前駅に到着しました。さすがに休みの日なので誰ひとりとして人を見かけることがありません。工場地帯の無機質な眺めが広がっており、臨海鉄道の終着駅の感じが出ています。そうはいっても、倉敷市にとって水島コンビナートの存在価値は雇用や税収等の側面で相当なものがあると思われます。

    

     f:id:yukisigekuni:20190121214707j:plain

 もともと慣れ親しんだ土地ではありますが、こうして水島臨海鉄道に乗ったのは十数年ぶりのことでした。自動車が中心の社会ですので、これまで乗車したことは数えるほどしかありませんでした。あらためて乗ってみて、昔とほとんど変わらないローカル線の雰囲気にずいぶん懐かしい気持ちになりました。

 

 以上、水島臨海鉄道の乗車の記録をお送りいたしました。